<<前のページ | 次のページ>>
2020.4.1
呼吸

4月のオープン日に変更があります。


今後もやむを得ず変更する場合がありますので、


お手数ですが、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。




霞がかった空の下の、

満開の山桜。


植物は、呼吸をしている。


人もまたおんなじで、

粛々と日々を送ること。

2020.3.29
カヤ蘭

帰り道の、細い月と光る星。



三月の空は、

こんなに澄んでいたのかな。



すべてを引き受けて人は生まれてくるのだから、

何も恐れることはない。


受け入れること。

共に生きること。



龍に咲いた、カヤ蘭の花。

2020,3,20
黒文字

春分の日。


部屋の真ん中に、

大きな黒文字の木を生けました。



昨日とは違う香り。

昨日とは違う景色。



私は、木に抱かれている。




新しい世界の、はじまりのとき。

2020.3.19
春分

3月20日と21日は、

アトリエの二階が月の海のカットサロンとなります。



両日ともに、

アトリエは一階のみでの営業となりますので、どうぞご了承ください。



春分の日、

特別な時間の始まりです。



梅花黄連が、愛らしく咲きました。

2020,3,15
忍冬

冬を耐え忍ぶ。



初めてのイートン・メス。

あの日見た夢が物語の序章だったように、

全ては用意されていたのだと思う。



今はただ、

光に包まれていることだけを信じていよう。

2020.3.14
circle the gallary

本日より、京都市左京区に素敵なギャラリーがオープンされます。



オープニングの展示は、盛永省治さんの木の作品です。


木目のうつくしい作品が並ぶ風景に、

芽吹き始めた木々をしつらえました。



白木蓮、白桃、捩木、レンギョウ。


花々は、始まりの気配とともに少しずつ咲き始めることでしょう。




呼吸が感じられる、静かな風景です。



Circle the gallery   京都市左京区岩倉忠在地町268-17

2020.3.5
木蓮

木蓮が咲いた日。



何も言わないこと以上に、

大切なことを言う術がない。



そう感じたから、

ことばを探すことをやめた。



花々が、自らの姿で伝えてくれること。

2020.3.4

小鳥が一斉に大空へ飛び立つみたいに、


田虫葉が乱れ咲く。




木に呼ばれる、ということ。

2020.2.29
田虫葉

何も無い部屋に、田虫葉を生けました。


すっと背の高い木。



一本の木の向こうには、

山の風景が広がって見える。



静かな気配、清らかな薫り、

空間を超えた広がり。



幹肌をこすって、薫りの中に顔をうずめる。


今という時は、今でしかない。

2020.2.28
白木蓮

その花の美しさは、

多分言葉にはできない。



必要な場所で、ゆっくりと静かに蕾は膨らむ。



穏やかではいられない日々を、

それでも穏やかに過ごしていたいと思う。



全ては、自分自身の中に在る。

2020.2.22
月光

小さな花弁と、深紅の艶。

卜伴、という名前の椿。


誰に見られるでもなく、

ただ静かに咲いている。



我は咲くなり。



いつかの言葉が、誰かに届く。



月光とも呼ばれる花は、月明かりがとても似合う。

2020.2.16
芽吹き

雨の日曜日。


本日、淀屋橋・芝川ビルのRICORDOさんにて、

植物の販売をさせていただきます。




静かに芽吹き始めた木々と野草、球根など、

山々の植物をお届けいたします。


皆さまのお越しをお待ちしております。




RICORDO   大阪市中央区伏見町3-3-3 芝川ビル201号
         12〜19時

2020.2.6
木蓮

初雪が降った日、


雪割一華が咲き、

木蓮の蕾は膨らみ始めました。



2月16日、淀屋橋・芝川ビルのRICORDOさんにて、
植物の販売をさせていただきます。


立春が過ぎ、山々の植物は芽吹きの時を迎えています。

野梅、接骨木、サンシュユ、万作、青文字・・

貝母百合や蕗の薹、
ささやかな草花にも、小さな蕾が生まれています。


野山に生きる植物の色々を、RICORDOさんへお届けいたします。

皆さまのお越しをお待ちしております。


RICORDO   2月16日(日) 12〜19時

2020.2.2
月の海

手から届ける波動、植物のエネルギー、

髪を切ること。


立春のとき、

2月3・4日は、アトリエの二階が月の海のカットサロンとなります。

両日ともに一階のみでの営業となりますので、
どうぞご了承ください。



光は、溢れる。

2020.1.27
マツグミ

マツグミ、

松に宿る木。






それでも、こころには、

言葉を紡ぐことへの愛があって。

なにもかもは、すばらしい。


人間もその痛みも、わたしのなかで

わたしを哀しませるものさえも。



ウンベルト・サバのことば。

2020.1.23
球根

芽吹き始めた球根の花々。

ムスカリ、チューリップ、ヒヤシンス、水仙、色々。


寒いはずの冬の先の、エネルギーの塊。




明日から三日間、アトリエオープンいたします。

尚、25日(土)と26日(日)は、

アトリエの二階が、月の海のカットサロンとなります。


そのため、両日ともに一階のみでの営業となりますので、
どうぞご了承ください。



生まれたての、月の日に。

2020.1.20
蝋梅

必要な時に咲いた、蝋梅。


春一番の、黄色い花。



すべては繋がっているから、

出来事に不思議はない。




泣いた日に、笑った花。

2020.1.12
月の海

2020年、

「月の海」として新たに活動を始められる、元410のかなこさん。


選ばれた場所は、

海と空と繋がるうつくしい塩屋の土地でした。



髪を切る、という行為。

月の導きから生まれる植物のエネルギーを伝えること。

手から届く波動、ことがら。


様々な想いと共に、新たに活動を始められます。



始まりの場所に選んでいただいて、

1月25日、26日、2月3日、4日の四日間、

アトリエの二階は、月の海のカットサロンとなります。


期間中は、アトリエは一階のみでの営業となりますので、
どうぞご了承ください。


尚、月の海カットのご予約は、全日満席となっております。



今、新しい始まりの時。


月の海

2020.1.3
ヒカゲノカズラ

大丈夫、とスピノザは言う。



大丈夫って、やっぱり魔法のことばだ。




もう、光しか見えない。

2020.1.2
innocent

新年あけましておめでとうございます。



昨日と今日とは、まるでちがう世界の中にいる。


物語の中を歩いているような日々が、

遠くの方で木霊する。


流れるままに、流れていくこと。


ただただ、流れていくこと。


行く先は、きっと光で溢れている。




新しい年を、心豊かに生きられますように。


今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。