<<前のページ | 次のページ>>
2021.3.4
啓蟄

小さな球根の花々と、


土の中でうごめき立つ生命と、



今日と明日は、アトリエをオープンいたします。


皆さまのお越しをお待ちしております。

2021.3.1
stance dot

コブシの木を生けました。



凛と立つ、一本の木。



小さな鳥が飛び交うように、白い花々は咲く。



ウグイスカグラ、木瓜、馬酔木、からし菜、

春の色、いろいろ。



於   stance dot      1st anniversary of relocation

2021.2.27
feel

木々が風に揺れるように


草の香りに耳を澄ます



ささやかな花々は


ただそこに咲いている




ありのままでいることのうつくしさを


響き合うことの尊さを




feel  月の海 / Kfleurs

2021.3.20(sat)・3.21(sun)

2021.2.26
ミモザ

記念日のためのミモザを、


自分自身への贈りもの、


それぞれのミモザを束ねる。




明日は満月。

2021.2.25
蕗の薹

フキノトウの蕾が、膨らみ始めました。


春告草、いろいろ。




26日、27日、28日はアトリエをオープンいたします。

皆さまのお越しをお待ちしております。

2021.2.24
鶯神楽

ウグイスカグラを植えました。


三年目のジューンベリーが、伸びやかに空へと向かう。




住まう方の気配とともに。

2021.2.21
水面

凪ぎの時間、


穏やかな水面。



想いは先へ、雪解けのとき。

2021.2.20
投影

苦しみを誰かのせいにするのは簡単だけれど、

それが自己の投影だとしたら、

そのことに気づくことができたなら、

きっと争いなどなくなるのだろう。



すべては自分自身の在りよう。


心穏やかでいられたら、幸せは連鎖する。




ただ降り積もる雪のように、


ただ咲いている花のように、


ただ空を舞う鳥のように。

2021.2.17
開花

リュウキンカが咲いて、

サンシュユが咲きました。


黄色い花々のリレーは続き、彩りが増していく。



伸び過ぎた月桂樹と、青い空。




今日と明日は、アトリエをオープンいたします。


芽吹きに満ちた植物とともにお待ちしております。

2021.2.15
Happy Birthday

一日の終わりへと向かう空へ、




おめでとうと、ありがとうを。

2021.2.14
アダン

巡り巡って、今が在る。





遠い遠い南の島の、遠い昔の物語。

2021.2.13
球根

騒がしさが遠のいて、


一日の余白の中にいる。



土の香り、葉の動き、

衣を脱ぐようにひなげしの花は咲き、

根は日に日に伸びて、

椿はその花首を、ぽとりと落とした。




無になれる時間は、こんなにも尊い。

2021.2.12
卜半

深い赤、

ボクハンという名の椿。



風景の中、

ただ静かに咲いているだけの花。



描いているものは、

いつも植物の姿にある。

2021.2.8
草道具

その向こうに、山の風景が見える。



風とか、匂いとか、音とか、


自然と調和していくこと、


肌に近い感覚で、共に在ること。



植物が、植物を包み込む。



「草道具」   川井有紗

2021.2.7
蝋梅

ロウバイが咲きました。


甘い香り。



春一番の、黄色い花。

2021.2.6
木蓮

今にも羽ばたきそうな花の蕾。



あつみさんの大好きな木蓮を、生けました。



座っても、見上げても、


包まれている幸せ。



於   宇  noki

2021.2.5
チューリップ

目覚めた朝の、チューリップ。



寄り添ったり離れたり、

上向いたりうつむいたり、


まるでダンスしているみたい。

2021.2.4
蕗の薹

真っ赤な蕗の薹。


いつかの山の便りが、

ここに根付いていました。



小麦の苗を踏みしめながら、

まだ小さな林檎の木と、空を仰いだ日。



於   lichette

2021.2.3
立春

雨が恋しい朝。


風の冷たさと、陽射しの暖かさ。



眠ったままの内側は、エネルギーに満ちていて、


今にも叫び出しそうで。




思いが違うところへ飛ぶと、手元を見失ってしまうから、


親指の傷が疼いて、きっと眠れそうにない。

2021,2,2
白木蓮

木蓮が、


一段と艶っぽく見える。



花開いたら、どんなふうに感じるだろう。



於  RICORD

2021.2.1
山の便り

2月の山の便り、発送いたしました。


膨らみ始めた木々色々、

ピンク色の太郎冠者、

蕗の薹も芽吹いています。


次回の便りは、2月15日となります。


山の便り

2021.2.1
三葉ツツジ

昨年のウグイスカグラが、

小さく咲いていました。


今年の始まりには、三つ葉ツツジ。

ゆっくりと、鮮やかな色が咲きます。


花咲く前も、花のあとも。



於  ハマ・ノ・テlabo

2021.1.29
雪割一華

風が強い日、

雪割一華が咲きました。




行きに見た赤い夕焼け、帰り道の満月と闇。



空はどこまで広いのだろう。




太陽と月、陰と陽、光と陰、生けるもののすべてを。



満月に突き動かされ、今日も良い一日だった。

2021.1.28
球根

チューリップの球根、


水仙、ヒヤシンス、ムスカリ、


エネルギーの塊が、蠢いている。



31日まで、連日アトリエオープンしております。


尚、31日日曜日は16時までとなります。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2021.1.26
鶯神楽

ウグイスカグラを生けました。


木蓮と、花水木。



始まりの場所へ。





於  Nova 珈琲と焼き菓子

2021.1.26
ミツバツツジ

ミツバツツジを生けました。



鮮やかなピンクの花が、きっともうすぐ咲くことでしょう。



於    六禾 / 料理屋くおん

2021.1.24
雪柳

昨年生けた雪柳が、綺麗に咲いていました。


小さな雪の粒のよう。



時計草とスイカズラ、蔓の冠。



於  イマソラ珈琲

2021.1.23
黄色

ヒヤシンスの花が開き始めた。


春を呼ぶ黄色。



今日からアトリエをオープンいたします。


芽吹きの植物とともにお待ちしております。



また1月25日月曜日は、都合により16時までとなります。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承ください。。

2021.1.22
ネズ
昨年のネズの木が、


すっと生けられていました。


うつくしい立ち姿。




五年前の夾竹桃は、

絡まった根っこに支えられながら、

今も真っ直ぐに立っていて、




植物は、生ける人の気配をまといながら在る。



於   credenza
2021.1.20

鳥の巣を見上げ、


鳥の声を聴きながら、


鳥は飛び交い、


弱って倒れた鳥も見た。


鳥のことを想い続けた一日。



真昼の白い月、

帰り道のオリオン座。



月の海は、

いつも何か必要なメッセージを与えてくれる場所だと思う。

2021.1.19

しんしんと、


真っ白な世界。



静かで、うつくしい。




迷い込んだアオガラは、いつかきっと帰ってくる。

2021.1,17

雪の上、


生けるものの足跡。



私もまた、春を探して歩いている。

2021.1.15

少し温かな一日の、夕暮れどき。


映るすべては、自分自身。



もっともっと、軽やかでいたいな。

2021.1.14
クスノキ

大きなクスノキに見守られた場所。


やさしいお料理が、心と身体にゆっくりと沁みました。



より自然に近い場所へ、

大好きなお二人のこれからが、ますます楽しみです。


於   米ディナンバー1

2021.1.14
山の便り

1月の山の便り、発送いたしました。



ミツマタの蕾が、玉雪のように見える。


冬の白。


山の木々は芽吹くエネルギーに満ち、

春を迎えに行くようです。



次回の山の便りは、2月1日となります。


皆さまのお申込みお待ちしております。




山の便り

2021.1.11
一日一花

植物を通して、繋がっていられること。



一日一つのお話と、


「生ける光の影」



また始めてみよう、と決めた日。

2021.1.9
帰還

散りばめられた言葉に、

心がぎゅっとなる。



物語の行方に、

どこか懐かしいような記憶が蘇り、

何度も訪れる不思議な感覚。



言葉の尊さを、

響き合う感情のうつくしさを、

その向こうの世界の広さを。




一年に渡り、毎月楽しみに読み続けていた「帰還」という本。



かなえさんに感謝の気持ちを伝えたいのに、

うまく言葉が見つからない。



いつか手紙を書こう。

拙い言葉だとしても、きっと伝えた方がいい。



帰還 kikan       DOOR books  

2021.1.7

今日は、真っ白な一日だった。



繋がっていくことを遠くで感じながら、


凛とした冷たさも、

好きな世界だ。

2021.1.6

部屋の真ん中に、大きな万作の木を生けた。


万作の木立。



声について、考えている。

考えるというか、感じている。


心惹かれるうつくしい声、うつくしい言葉。


ふと思ったから、書き留めよう。


言霊のような、

植物の声。

2021.1.6

五葉松、白梅、朱竹を生けました。



梅擬きの鮮やかな赤と、


しなやかな結び柳。




於  らんらん

2021.1.5
ネズの木

ネズの木を生けました。



常緑の豊かさを、


新春の植物とともに。



 
於   六禾 /  料理屋くおん

2021.1.2

五葉松、朱竹、結び柳、



きらきらと光る、自然薯の蔓。




於  宇

2021.1.1
謹賀新年

あけましておめでとうございます。



たった数時間前とはまるでちがう今を、

穏やかな気持ちで過ごしています。



車窓から見える景色をぼんやりと眺めながら、


物語の中をゆったりと歩きながら、


時々立ち止まり、足元の小さな花を摘む。




本年もどうぞよろしくお願いいたします。