<<前のページ | 次のページ>>
2023.1.27
木蓮

みぞれまじりの冷たい一日。



産毛を纏う白い蕾が、今にも動き出しそうで、


もうそれさえもうつくしい。



大好きな花の季節となりました。




一月のオープン日は、今日から三日間となります。


皆さまのお越しをお待ちしております。


atelier

2023.1.26
チューリップ

球根は、小さな宇宙。




うつくしい、碧のいろ。





帰りの空に、上弦の月。




於 イマソラ珈琲  岡野里香 個展  2023.1.27〜2.3 

2023.1.25
馬酔木

モチーフは、植物の進化論。



内なる力の目覚め。



素敵なスキンケア商品が並ぶ空間に、


野生の植物を生けました。



馬酔木と、鶯神楽。



たくさんのエネルギーが交差する場所に、


日々小さな蕾が花咲きます。



D.W.M  POP UP STORE / 阪急うめだ本店 3階  D.W.M

2023.1.25〜1.31

2023.1.23
灯り

初めてお越しくださる方には、


きっとわかりにくいであろう場所に、アトリエは在ります。



住宅街の、古い長屋の小さな一部屋。


暗くなるとほとんど見えなくなってしまう鉄の看板が、

今も変わらずここに在り、



迷いながらも辿りついてくださることに、

本当に感謝しております。



五時を過ぎ、

今日も玄関扉の灯りを灯して、


皆さまのお越しをお待ちしております。

2023.1.20
百合

日々の間合いに、白の世界へ。




眠りのときにも、命の営みは続いている。





それでも暖かな冬の、大寒の一日。

2023.1.17
母子草

ありがとう、の気持ちを込めて、




ささやかな花束を。




小さな小さな、母子草。

2023.1.14
蝋梅

ロウバイの蕾が一斉に膨らみ始め、


きっと、もうすぐ花ひらく。



甘い香りただよう、春一番の黄色い花。




今日と明日は、アトリエをオープンいたします。


皆さまのお越しをお待ちしております。

2023.1.13
月桂樹

伸び過ぎていた月桂樹の枝を思いきって切り落としたら、



金木犀の枝先が見えた。




夕方の、曇り空。



明日は雨かな。

2023.1.10
鳥の巣

冬にしか見えない光を見て、



足元の小さな宝物に気づく。




きっと、自由に羽ばたける。



そう言って笑う人。

2023.1.7
三椏

一月の山の便り、発送いたしました。



雨が降り出して、薄暗い部屋の中、


白い蕾が雪のように見えました。



山に生ける冬の木々。



次回の発送は、二月となります。



山の便り

2023.1.7
水仙

2023年

本日より、アトリエオープンいたします。



山々の木々と、野に咲く草花、


水仙の香り漂うこの場所にて、


皆さまのお越しをお待ちしております。



atelier

2023.1.6
鶯神楽

まだまだ蕾の、ウグイスカグラを生けました。



温かなカフェラテをいただいて、


暮れたあとの美味しいひと時。




窓際の木々が自由に伸びやかで、嬉しかった。



於  akkord

2023.1.6
白文字

白文字、卜伴椿、朱竹、



新春の木々を生けました。




やがて黄色い花は咲き、卜伴椿は深い紅色、


寒い季節に彩りを。




於   六禾 / 料理屋くおん

2023.1.5
万作

ほんの少し蕾が膨らみ始め、



細く黄色い花びらが、その時を待っている。




一月の木々は、


今にも溢れ出そうなエネルギーを纏いながら。




於   NOVA 珈琲と焼き菓子

2023.1.4

特別な一着のための、



特別な一台。




あの場所に根付いていた杉の木が、今ここに息付いている。




杉は、清らかで尊い。

2023.1.2

ささやかなお飾りは、


根松、十両、大麻、結び柳。




かそけきものを紐解き、



ピアノの音色は花という。




溢れ出る感情は、きっとそのままでいい。

2023.1.1
新年

あけましておめでとうございます。




滝までの道のりをゆっくりと歩き、


木々を仰ぎ、花々を愛でる。



新しい年が、穏やかに始まりを迎えています。




ここ数年温めてきた新しい景色への挑戦、


描きたかった風景へと、


少しずつ歩みを進めていく一年となりそうです。




新しい年も皆さまにとって佳き一年となりますように、


本年もどうぞよろしくお願いいたします。